光コラボのPC訪問サポート

光コラボのPC訪問サポート

光コラボについて

2015年2月からNTT東日本・西日本が開始した光コラボですが、「よくわからないけれど料金が安くなるから契約した」という方が非常に多いです。

NTTさんが他社さんに光回線の一部を卸して(貸し出して)提供するサービスですが、今までお使いのプロバイダさんの契約を光コラボにするのであれば問題ないと思います。
もしこのサービスがきっかけで新しいプロバイダに変更する場合は手間が存在します。

認証設定(PPPoE設定)

プロバイダを変えるという事は今までのプロバイダの認証設定(PPPoE設定)を新しいプロバイダ向けに変更しなければなりません。

訪問サポートのお客様からよく聞く苦情としては「光コラボのプロバイダ代理店さんから『料金は安くなりますし何もしなくても大丈夫ですよ』と聞いたのでそのままにしたらインターネットが出来なくなった」という内容です。

NTTさんの光電話ご契約であればNTTルータが設置されているはずですし、スマホの普及によりNTTさんか市販のWi-Fiルータを設置していると思います。
そのためPPPoE設定を行ったルータに対して、新しいプロバイダのPPPoE設定を行わなければなりません。

訪問サポートを行ってNTTルータでつまづくのが、以前のプロバイダのPPPoE設定を行った際にNTTルータ設定用のパスワードがほぼ100%の方がわからない事です。
この場合はNTTルータを初期化するしかないのですが、初期化作業にはリスクがあり最悪ルータが壊れてしまう事もあります。滅多に使わないですがNTTルータや市販ルータのパスワードはメモしておきましょう。

Advertisement

メールアドレスの変更

他の手間としては今までのプロバイダのメールアドレスを利用している場合、プロバイダを解約するとメールアドレスが使えなくなり、継続するには月額料金が発生するです。

最近はGmailなどのフリーメールが普及しましたのでこのようなケースは減りつつありますが、用途によってはプロバイダメールを使わないといけないケースもあります。

訪問サポートのお客様からよく聞く苦情としては「光コラボのプロバイダ代理店さんから『以前のプロバイダのメールアドレスはそのまま使えますよ』と聞いたが月額料金が発生する事は聞いていない」というケースです。
今までのプロバイダを解約すると、そのプロバイダのメールアドレスが使えなくなる事も考慮しないといけません。

現在ご利用のプロバイダで光コラボにする場合は特に手間はないですが、他社プロバイダに変更する場合は注意が必要です。

 

    PC訪問サポートカテゴリの最新記事