インターネットに繋がらない【認証編】

インターネットに繋がらない【認証編】

インターネットに繋がらなくなるトラブルはよくある事ですが、解決するためにプロバイダさんに電話しても何時間も繋がらなかったり、ご自身で解決しようとしても6時間くらいかけても解決できなかったという話をよく聞きます。
トラブルの原因がある程度絞れれば問い合わせをしなくてもご自身でも解決できるかもしれません。

今回は目視でどこにトラブルがあるのかを確認する方法を掲載します。

PPP(Internetランプ)ランプ

例えばNTTルータであればPPPという文字が書いてあるランプがあります。プロバイダの認証設定を行ったルータのPPPランプが点灯していない場合はトラブルとなります。

以下はメーカー別の認証ランプの例です。

メーカー 認証ランプ 認証エラー状況(代表例)
NTT PPPランプ 消灯
NEC Activeランプ 消灯、点滅、オレンジ点灯
BUFFALO Internetランプ 消灯、点滅

認証ランプの異常の原因はたくさんありますが代表的な例を挙げてみます。

  • 認証設定ミス
    → 認証ID・認証パスワードの入力ミス、設定消失など
  • 契約不備
    → 料金未払い、契約住所不備など
  • 配線ミスまたは故障
    → LANケーブル・モジュラケーブル・光ケーブルが外れている、間違えている、断線しているなど
  • 上位機器故障
    → ONUやVDSLモデム、上位ルータやHubなどの故障
  • 光回線の故障

インターネットに繋がらなくなったらまずはPPP(認証)ランプを確認してみましょう。

Advertisement

VDSLランプ

VDSL方式の光回線であればVDSLモデムが提供されます。VDSLモデムには回線状況を確認するVDSLランプがあります。NTTさんのVDSLモデムであればVDSL(LINE)ランプが点滅すればトラブルになります。

  • 光回線故障
  • モジュラケーブルの断線
  • モジュラジャックの故障
    → モジュラジャックに油がついて光回線が開通できなかったケースがありました。
  • VDSLモデムの故障

VDSLランプの点滅はすぐに回線業者に連絡ですが、VDSLモデムの再起動、モジュラケーブルの挿し直し、モジュラケーブルの交換、ルータ一体型であれば初期化を試してみてもいいと思います。

VDSL(LINE)ランプの点滅はすぐに回復してしまう事もあります。そうなると本当のトラブルの原因を見落としてしまう事もあります。

私がインターネットトラブル診断でお客様宅に伺った時に、その時は全く問題がなかったのですが、お客様が「インターネットが繋がる時と繋がらない時がある。今日は調子がいいみたいだ」とお話しされた事がありました。
お客様はVDSLモデムをご利用されていたのでVDSLランプが点滅したのかもしれません。

VDSLモデムをご利用している方は、PPPランプよりも先にVDSLランプを確認してみましょう。

    PCトラブル診断カテゴリの最新記事