プリンタの印刷トラブル【基本編】

プリンタの印刷トラブル【基本編】

今回はプリンタのトラブルについてです。
PC訪問サポートのトラブルでインターネットの次に多いのがプリンタです。

以前まではUSBケーブルをつないで印刷するプリンタが主流でしたのでトラブルは少なかったのですが、現在はWi-Fiを使ったネットワークプリンタが主流となっています。
Wi-Fiによるインターネットに繋がらないトラブルがよく起きるという事は、プリンタでも印刷ができないトラブルがよく起こるという事になります。

ただプリンタが使えない原因が簡単な理由のケースもあります。

その原因を幾つかあげてみようと思います。

パソコン側のプリンタの設定を行っていない

プリンタドライバのインストール

意外なのがパソコンでプリンタを使えるようにするためには、プリンタドライバのインストールが必要という事をご存じない方が多い事です。

現在はUSBケーブルをつなぐプリンタ設定は、インターネットにつながっていればUSBケーブルをパソコンとプリンタにつなぐだけでプリンタドライバをダウンロードして、インストールも行ってくれます。

ただしWi-Fiによる接続の場合は設定が必要になります。
付属の設定用CD-ROMを使ってドライバをインストールすればいいのですが、新しいパソコンを購入されて既存のプリンタ設定を行う際にCD-ROMを無くされている方が非常に多いです。

その場合はプリンタメーカーのホームページからドライバをダウンロードするのですが、新しいプリンタの場合はパッケージソフトがダウンロードできますので比較的分かりやすいです。

昔のプリンタはパッケージソフトがダウンロードできないので必要なソフトを見極めて一つ一つダウンロードしないといけません。
慣れてないとかなり難しい作業になります。

Advertisement

プリンタ側のWi-Fi設定を行っていない

無線でプリンタの印刷を行う場合はプリンタ側のWi-Fi設定も必要です。

最近ではCD-ROMやダウンロードしたパッケージソフトが自動的に設定を行ってくれますが、CD-ROMやパッケージソフトがない場合は手動設定になります。

現在はNTTルータやNECルータであれば「らくらくスタート」というボタンが、BUFFALOルータであればAOSSボタンなど、ボタンを押すだけでWi-Fi設定を行ってくれる機能がありますので比較的楽に行えます。

ただしCD-ROMやソフトでもボタン機能でも、相性問題が発生して設定がどうしてもうまくいかないケースがあります。その場合は手でプリンタにWi-Fiのパスワードを入力しないといけません。

自動設定機能は便利ですが予測不能なトラブルが起きやすいので、手動でのWi-Fi設定も一応押さえておくと便利ですね。

今回はここまでです。

    PCトラブル診断カテゴリの最新記事