尾瀬登山日記【2日目】

尾瀬登山日記【2日目】

今回は尾瀬登山の2日目のレポートです。

今回のコースは鳩待峠 → 尾瀬ケ原 → 見晴(宿泊) → 尾瀬沼 → 大清水となります。

見晴(宿泊) → 尾瀬沼(沼尻)

  • 所要時間目安:約2時間
  • 実際にかかった時間:6:40 〜 8:00

鳩待峠 → 大清水のコースで一番の難所です。ほとんどが登りで足場が悪いところが多く、観光スポットが何もない森の中を歩きます。ほとんど見所がない精神的に辛いエリアのため、いつも急いで沼尻に向かいますが、1時間20分で沼尻に行くのは慣れてないと大変です。

いつも朝早く出発しますので気温は低く快適に歩けるのですが、日中だと湿度がすごく蒸し暑いかもしれませんかもしれません。

尾瀬沼(沼尻) → 尾瀬沼 (長蔵小屋)

  • 所要時間目安:約1時間
  • 実際にかかった時間:8:20 〜 9:20

私が尾瀬で一番好きなスポットの尾瀬沼です。最大難所を乗り越えた後に沼尻の休憩所で冷たいラムネを飲みながら尾瀬沼を鑑賞するのが最高でした。

しかし2015年の9月に沼尻休憩所が火事で消失してしまいました。私がいつも尾瀬に行くのは7月下旬か8月上旬ですが、その後すぐに消失しました。2016年に尾瀬に登った時は沼尻休憩所がなく、難所を乗り越えた後の絶望感がすごかったです。

ただ2017年から沼尻休憩所を再建しているみたいなのでもしかすれば今年は復活するかもしれないですね。

尾瀬沼 (長蔵小屋)  → 三平下 (尾瀬沼山荘)

  • 所要時間目安:約30分
  • 実際にかかった時間:10:00 〜 10:20

長蔵小屋で長い時間休憩をしながら尾瀬沼を鑑賞します。私はいつも長蔵小屋売店で奮発してハーゲンダッツのアイスを買います。尾瀬で美味しい空気の中で食べるのは何でも美味しいですが、ハーゲンダッツも本当に美味しいです。奮発する価値はあると思います。

沼尻から三平下までは特に難所はありません。ゆっくり尾瀬沼の景色を堪能できます。


Advertisement

三平下 (尾瀬沼山荘) → 三平峠 → 一ノ瀬休憩所

  • 所要時間目安:約1時間30分
  • 実際にかかった時間:10:30 〜 11:35

最後の難所となります。三平峠までが急な登り、三平峠を越えた後は急な下りとなります。かなり疲労がたまっている状態で急な登りを乗り越えなければならないため精神的に辛いです。長藏小屋と尾瀬沼山荘で十分に休んでから望むといいですね。

しかし私にとっての最大の鬼門は三平峠を越えた後の下りで、疲労がたまっている時の急な下りは足にかなりの負担がかかります。また非常に滑りやすい箇所で、特に雨が降った後はさらに危険な状態になります。

以前私はこの雨の後にコースを下って滑ってしまい手を骨折した時がありました。それから下り恐怖症になっています。

一ノ瀬休憩所 → 大清水

  • 所要時間目安(バス):約15分
  • 所要時間目安(徒歩):約1時間
  • 実際にかかった時間:12:00 〜 12:15

バスを利用するか徒歩かで難易度が変わります。大抵の方は700円を支払ってバスで大清水に向かうのですが、時間に余裕がある方は徒歩で大清水に向かうようです。

一ノ瀬休憩所に着いたらゴールという気分にはなってしまいますね。その気分で全く特徴のない大清水までの道のりを1時間も歩くのは相当の忍耐が必要ですね。あと高速バス時間の兼ね合いもありますので余裕がないと徒歩は難しいですね。

残念なニュースを耳にしましたが、バスが運行するようになったら一ノ瀬休憩所を使用する方が減ったみたいで営業を中止するとの事でした。一ノ瀬休憩所で食べるトコロテンは格別なのですが残念ですね。

大清水 → バスタ新宿

  • 時刻表の時間:13:10 〜 17:45
  • 実際にかかった時間:13:10 〜 18:10

ある意味最後の難関です。

大抵は高速道路で渋滞に巻き込まれますが、13:10発の高速バスだと比較的渋滞に巻き込まれずに済みます。14:30尾瀬戸倉発の高速バスで帰った時は、新宿に予定より1時間30分遅れで到着してしまいました。

無事に登山が終わったら、バスも順調に済ませたいですね。

    アウトドア・旅行カテゴリの最新記事