インターネットに繋がらない【Wi-Fi特殊編】

インターネットに繋がらない【Wi-Fi特殊編】

現在スマホの普及で殆どの方がWi-Fiルータを使用されています。

ただしWi-Fiは不安定という欠点があり、インターネットに繋がらなくなる最も多い原因となっています。

今回のトラブルはWi-Fiのトラブルでもかなり特殊ですが印象に残ったケースを挙げていきます。

他人のWi-Fiにつながっている

最近はあまり見かけなくなりましたが、他の方のWi-Fiにいつの間にかつながっているケースです。その他には認証設定が必要なフリーWi-Fiにつながってしまっているケースもあります。

最近のWi-Fiルータは最初からセキュリティがかかっていますので、Wi-Fiのパスワード(暗号化キー)を登録しない限り繋げられないですが、以前はセキュリティ(パスワード)がかかっていない無線LANルータもありました。

セキュリティのかかっていない無線LANは、他の人が対象のWi-FiのSS-IDをパソコンでクリック、またはスマホやタブレットでタップするだけで簡単に繋げられてしまいます。

セキュリティのかかっていない無線LANは簡単に繋げられますが、インターネットに繋がらないトラブル診断で、故意でなくいつの間にか他人の無線LANにつながっていたというケースがありました。

他の方のWi-Fiルータにインターネット回線が繋がっていなければもちろんインターネットは出来ませんし、インターネットができたとしても普通は全く別の場所で使用されていると思いますので、電波が非常に弱くなり安定しません。

お客様は自宅のWi-Fiにつながっていたと思っていらっしゃいますので、インターネットに繋がらなくなった原因がわからず、当然お客様のWi-Fiルータをどのような操作をしても繋がりません。

あまりない事かもしれませんが、Wi-Fiが不安定になった場合は一応ご自宅のWi-FiルータのWi-Fiにきちんとつながっているか確認してみましょう。

当然ですが故意で許可なく他人のWi-Fiに繋げるのはやめましょう。

Advertisement

Wi-Fiの接続優先順位が間違えている

これははWi-Fiルータを2つお持ちの方やテザリングでWi-Fiを使っている方です。

たまにインターネット回線に繋げていないのにWi-Fiルータの電源だけは入っている状態や、認証設定(PPPoE設定)を行っていないWi-Fiルータに繋げているケースがあります。

例えばWi-Fiルータ機能付きのNTTのONUを使っているにもかかわらず、PPPoE設定を市販のWi-Fiルータに行い、Wi-FiはPPPoE設定を行っていないNTTルータに繋げているケースです。
プロバイダを変更されてかつ、新しくWi-Fiルータを購入された場合に起こりうるトラブルですね。

あとは最近話題のテザリングに繋げている方ですね。例えば外にパソコンを持ち運んでテザリングでインターネットを使用して、そのままご自宅に持ち帰ったケースですね。

テザリングの参考URL:https://www.nttdocomo.co.jp/service/tethering/about/index.html

特にWindows10のパソコンは電源を入れた時は一番最後に繋げたWi-Fiに繋がりますので、テザリングをOFFにしていないとそのままスマートフォンのWi-Fiに繋がります。
いつの間にか通信制限に引っかかってしまったという事もあり得ると思います。

他にもWi-Fiに繋がらなかったケースを別の記事で挙げてみます。

    PCトラブル診断カテゴリの最新記事